収入保障保険

【評価4.5】オリックス生命の収入保障保険「Keep」のメリットとデメリットを徹底解説【不健康な人は必ずチェックを!】

この商品って?
  1. 収入保障保険(死亡・高度障害に備えられる)
  2. 非喫煙者割引は付いていない
  3. 保険料が非常に安いが掛捨て
  4. この商品のお勧め度:4.5
死亡保障としては優秀なジャンルの商品

オリックス生命の収入保障保険です。

保障内容は特約含めてかなりシンプルで分かりやすく、ネットからでも加入しやすい商品です。もちろん保険ショップなどの代理店からでも加入可能です。

この「Keep」は収入保障保険の中でも健康割引が用意されていない商品です。そのため

健康的な生活を送っている人には割高になるけど、不健康な生活を送っている人には凄くお勧めの収入保障保険

となっています。

正確には「喫煙」+「高血圧(または肥満 or 痩せすぎ)」という状況の方には一番安く加入できる可能性を持った収入保障保険です。心当たりがある方はチェックしておくことをお勧めします。

似た内容の比較すべき商品にアクサダイレクト生命の「収入保障2」」があり、そちらの方が各年代で保険料が少し安くなっています。ただし、実質はオリックス生命の方が安くなる可能性が高いはずです。(詳しくはこちら⇒アクサダイレクト生命とどちらを選ぶべき?

taka
taka
ちなみに、健康的な生活を送っている方はFWD収入保障の方が安くなりますので、そちらの保険料も必ずチェックしてみて、保険料が安い方に加入するようにしましょう!収入保障保険は安ければ正義ですので(^^)

オリックス生命の「Keep」はこんな人にお勧め!

  • 優秀な生命保険を探している
  • 小さいお子さんがいる家庭(20代~40代)
  • 妻が専業主婦
  • 夫がタバコを吸う+血圧高めor肥満気味

オリックス生命の収入保障保険「Keep」の保障内容

オリックス生命「Keep」の基本的な情報をまとめています。

出来るだけ分かりやすく書いていますが、よく分からない点などあればコメント等で遠慮なく聞いてきてください(^^)

保険料

年金月額10万円、65歳満了、支払保証期間5年
契約年齢男性の保険料女性の保険料
30歳3,390円2,430円
40歳4,070円2,820円
50歳4,510円 – 円

健康割引について

収入保障保険は基本的に「健康割引」が適用される商品が多くあります。その場合、タバコを吸わない、血圧が低めといった条件をクリアすると保険料が安くなっていきます。

ですが、オリックス生命の「Keep」ではこのような健康割引はありません。

その代わり

「喫煙」+「高血圧(または肥満 or 痩せすぎ)」

の方に向けて、とても安い保険料を提示してくれています。

保険データ

総合評価(4.5)
保険料の安さ(3.5)
保険金の受取方法・年金受取
・一括受取
・一部一括受取(年金→一括受取のパターンのみ可能)
契約年齢満20歳~満60歳
保険料の払込期間ネット申し込みの場合
⇒55歳満了、60歳満了、65歳満了の中から選択

代理店から申し込む場合
⇒1年単位で自由に選べる

年金支払保証期間1年、5年から選択
保険料の払込方法月払、半年払、年払
保険料の払込経路・口座振替
・クレジットカード払
特約【リビング・ニーズ特約】
余命6ヵ月以内と判断された場合、死亡年金の一時支払額の全部または一部を生前に受取ることができる。
この特約は最初から自動で付いている。
【年金月額上乗特約】
受け取れる年金を期間限定で上乗せすることができる。例えば子供の大学時代だけ+3万円にする等。
ただし、この特約はネット経由では不可。代理店経由のみ付けられる。
【特定疾病保険料払込免除特約】
悪性新生物、急性心筋梗塞、脳卒中で所定の条件を満たすと以後の保険料の払い込みが免除される。
ただし、この特約はネット経由では不可。代理店経由のみ付けられる。
公式サイト家族をささえる保険Keep[キープ](収入保障保険)|オリックス生命保険株式会社

評価ポイント(メリット部分)

まずはオリックス生命の収入保障保険「Keep」の「知っておきたい良いところ」をお伝えします。

  1. 不健康な人でも入れる優秀な生命保険
  2. 健康割引はないが、「喫煙+血圧高めor肥満」の人にはとても安い保険料
  3. 代理店経由ならかなり自由に設定できる
  4. 受取方法が多彩

この3点は要チェックです。

taka
taka
健康割引がない収入保障保険の中ではアクサダイレクト生命に次ぐ安さですが、代理店経由なら一番安くなることも!
詳しく解説していきます。

不健康な人でも入れる優秀な生命保険

オリックス生命の「Keep」は「収入保障保険」というジャンルの保険商品です。

収入保障保険は数ある生命保険の中でも特に理にかなっている生命保険です。個人的には死亡保障としては最高峰の保険だと思っています。

収入保障保険の特徴
  • 保険料は掛け捨て、貯蓄性は皆無
  • その分、保険料は非常に安く、保障に無駄がない!
  • 年金受取や一括受取など、受取方法が多彩
  • 定期保険と比べ、無駄遣いすることが少ない
とにかくメリットが多いよ!

優秀な生命保険に加入したい・乗り換えたいという方は、必ず収入保障保険はチェックしておくべき!といえるくらい、メリットある保障内容となっています。

そんな収入保障保険ですが、加入を検討する際に

30代一般男性
30代一般男性
タバコを吸ってて、さらに肥満で血圧が高いけど、こんな私でも加入することができるの?

という不安を抱いている方も少なくないと思います。

これについては、基本的にどの収入保障保険でも加入することが可能です。ただし、健康体の人と比べると倍くらい保険料が高くなってしまいます。

「安くて保障が優れている」というのが優秀な保険の条件なので、それでいうと不健康な生活を送っている方にはちょっと加入が微妙な保険になってしまうのです。

そこで役立つのがこのページで紹介しているオリックス生命の「Keep」です。健康割引を用意していない分、不健康な方でもかなり安い保険料で加入することができるようになっているのです。

不健康な人でも入れる優秀な生命保険を探している

という方は、この保険商品はチェックすべき保険商品となるでしょう。

健康割引はないが、「喫煙」+「血圧高め(または肥満or痩せすぎ)」の人には一番安い保険料

オリックス生命の収入保障保険「Keep」にはいわゆる「健康割引」はついていません。

タバコを吸おうが吸うまいが、血圧が高かろうが低かろうが、保険料は同じということになります。

そのため、タバコを吸わず、血圧も低めの人にとってはかなり割高な保険料になってしまいます。もし健康的な生活を送っている人はこの保険を選ぶべきではありません。

ですが、不健康な生活を送っている人(喫煙+血圧高め(または肥満or痩せすぎ))の場合は、かなり安い保険料になってくれます。

taka
taka
不健康な生活を送る人に限り、健康割引があるところよりも断然安くなります!

どのくらい安いのかを知るために、健康割引ありの中では断トツの安さを誇るFWD収入保障と保険料を比較してみましょう。

ついでに似た商品である「アクサダイレクト生命」の保険料も表に入れておきます。

30歳男性の保険料(年金月額10万円、65歳満了、支払保証期間5年)
非喫煙者優良体喫煙者優良体非喫煙者標準体喫煙者標準体
FWD収入保障2,136円3,018円3,135円4,185円
アクサダイレクト生命
(収入保障2)
3,380円3,380円3,380円3,380円
オリックス生命
(キープ)
3,390円3,390円3,390円3,390円

 

【参考】健康割引の条件

【非喫煙者割引】
・過去1年以内に喫煙していない

【優良体割引】
・最大血圧140未満/最小血圧90未満
・BMI値が18.0~27.0の範囲内

【4種の保険料率】

  • 非喫煙者優良体:全ての健康条件を満たしている
  • 喫煙者優良体:喫煙者だが、血圧値・BMI値は満たしている
  • 非喫煙者標準体:タバコは吸っていないが、血圧値・BMI値を満たしていない
  • 喫煙者標準体:全ての健康条件を満たしていない

基本的に健康割引は「非喫煙者割引」と「優良体割引」の2種類が用意されています。

この2つの割引のうち

  • 両方を満たしている→「非喫煙者優良体」
  • どちらか一つを満たしている→「喫煙者優良体」「非喫煙者標準体」

この場合はFWD収入保障の方が保険料が安くなります。見るとかなり保険料に差があるのが分かります。

ですが

  • 何も健康条件を満たしていない→「喫煙者標準体」

この場合は保険料が大きく逆転します。オリックス生命のKeepやアクサダイレクト生命の収入保障2の方が安くなっていることが分かりますね。

以下の図に分かりやすくまとめてみました。

【保険料が安いのはどっち?】
男性女性
タバコ吸わない
血圧・BMI値正常
FWD収入保障FWD収入保障
タバコ吸わない
血圧またはBMI値がダメ
FWD収入保障35歳くらいまではFWD収入保障、
それ以降の人はアクサダイレクトの収入保障2
タバコを吸う
血圧・BMI値正常
FWD収入保障45歳くらいまではFWD収入保障、
それ以降の人はアクサダイレクトの収入保障2
タバコを吸う
血圧またはBMI値がダメ
アクサダイレクトの収入保障2アクサダイレクトの収入保障2

ちなみにアクサダイレクト生命の「収入保障2」はオリックス生命と同じく健康割引がない収入保障保険なのですが、各年代においてオリックス生命よりもわずかに安いという結果になっています。

保険初心者の男性
保険初心者の男性
じゃあオリックス生命よりもアクサダイレクト生命を選べばいいのかな?

となりそうですが、これについてはそう単純に選ぶことはできません。

確かに収入保障保険は単純に安ければ安いほどお勧めなのですが、オリックス生命とアクサダイレクト生命に関してはちょっと難しい判断になるのです。

それについてはアクサダイレクト生命とどちらを選ぶべき?で詳しく解説していきますので、不健康な生活を送っている方はできるだけチェックしておくことをお勧めします。

代理店経由ならかなり自由に設定できる

オリックス生命のKeepはインターネットから加入することもできますが、年金月額や保険期間はすでに決められた範囲の中から選べません。

ですが、実は保険ショップや保険相談サービスなどの「保険代理店」から対面で申し込んだ方が保障内容をかなり自由に設定することができるのです。

  • インターネット:年金月額は10万円、15万円、20万円、保険期間は55歳、60歳、65歳の中からしか選べない
  • 代理店での対面:年金月額は1万円単位、保険期間は1年単位で選べる
ネット加入の問題点

もし「子供が大学卒業まで」を保険期間としたいけど、その時の夫の年齢が57歳になる予定の場合、ネット申し込みだと57歳満了がないので60歳満了の契約にする必要が出てくるのです。これは余計に保険料が高くなるのでお勧めできません。

また、「妻が65歳になるまで」を保険期間としたい場合、ネットで申し込むと夫の方が年上の場合はそもそも妻が65歳までの保障を付けることができません。

まだあります。

対面であれば特定疾病保険料払込免除特約といった役立つ特約も付けることができますが、ネット経由だと特約は付けれないのです。

以上のことから、この保険を検討するときはネットではなく、対面で相談をした方が間違いないと思います。ネットだと逆に保険料が高くついたりと、色々と面倒なことになりかねませんので。

オリックス生命の代理店を探す場合、保険見直しラボが一番お勧めですので、良ければご活用ください。他よりもメリット部分が多く、信頼できるFPが揃っている代理店です。私も利用しています。

相談後、納得できなければ無理に加入する必要は全くありませんし、しつこい連絡は一切ありません。そして熟成牛タンなどのプレゼントも貰えるのも嬉しいです。

保険見直しラボの予約はこちらから

受取方法が多彩

Keepは保険金の受取方法として「年金受取」の他にも「一括受取」が用意されています。

毎月受取満了までの間、毎月年金を受け取れる。
一括受取年金を一括で受け取れる。
一部一括受取年金受取を開始して、その後に一括で受け取ることができる。
その逆は不可。

一括受取、一部一括受取が用意されていることで、急に大金が必要になった場合(子供の入学金、大病による治療費、葬儀費用など)にも対応できるのは嬉しいところです。

なお、一気に大金を受け取ると生活水準を上げてしまう可能性もありますので、一括受取は必要でない限りやらないことをお勧めします。受取総額も年金受取より減りますし。

  • 一括受取をする場合、年金受取と比べて受取総額が少なくなってしまう点に注意。
  • 一部一括受取は、毎月年金月額で受取り、その後一括で受取ることは可能だが、その逆(最初に一部だけ一括受取→残りを年金受取)はできないという点は覚えておくこと。「ネット上では一部一括受取ができない」と書かれているが、その表現は正確ではない。

デメリット部分を挙げてみる

健康な人にとっては割高な保険料

オリックス生命のKeepには健康割引がありません。

そのため、健康的な生活を送っている人(タバコを吸わない、血圧とBMI値が正常)にとっては、健康割引を実施している「FWD収入保障」の方が保険料がかなり安くなります。

収入保障保険は安ければ正義という選び方が一般的ですので、健康的な方はこちらからFWD収入保障のページへ移動することをお勧めします。

【評価No.1】FWD収入保障のメリットとデメリットを徹底解説【現時点では超おすすめの生命保険】 この商品って? 収入保障保険(死亡・高度障害に備えられる) 非喫煙者割引がある 保険料が非常に安いが掛捨て ...

また、FWD収入保障には4種類の健康割引が用意されており、「タバコは吸わないけど血圧が高め」や「タバコを吸うけど血圧もBMI値も正常」というようなどちらかの健康条件を満たしている場合でも、FWD収入保障の方が安くなる場合が多々あります。(というか男性はFWD収入保障の方が安い)

【保険料が安いのはどっち?】
男性女性
タバコ吸わない
血圧・BMI値正常
FWD収入保障FWD収入保障
タバコ吸わない
血圧またはBMI値がダメ
FWD収入保障35歳くらいまではFWD収入保障、
それ以降の人はオリックス生命
タバコを吸う
血圧・BMI値正常
FWD収入保障45歳くらいまではFWD収入保障、
それ以降の人はオリックス生命
タバコを吸う
血圧またはBMI値がダメ
オリックス生命のKeepオリックス生命のKeep

自分の年齢や性別によってどちらが安いかは異なるので、「健康条件のどちらか一つは満たしている」という方は必ずFWD収入保障の保険料をチェックし、安い方を契約するようにしましょう。

FWD収入保障は公式サイトで保険料を自由に調べることができません。そのため、無料の保険相談サービス(保険見直しラボなど)を利用して調べてもらうことになります。

ネットからの加入だと特約に入れない

この保険は少し特殊です。それは「ネットから加入する場合、特約は付けられない」からです。

リビング・ニーズ特約は最初から自動的に付いてます。

逆に言うと、保険代理店(保険ショップや保険相談サービス)による対面で加入する場合、2つある特約を自由に付けることができます。

もし特約を付けたい場合は、ネットからではなく、代理店を利用して対面での加入をお勧めします。

taka
taka
もっとも、保障内容の自由度も代理店経由の方が広くなるので、正直ネット加入のメリットはそもそも少ないのですが・・

なお、特約の内容と、付加するべきなのか?についてはこの後に解説します。

Keepのお勧めプラン

オリックス生命のKeepを契約する場合、どのようなプランにするべきか迷う方も多いかと思います。

ここでは30代子あり夫婦の契約例をご紹介しておきますので、参考にしていただけたら幸いです。

【30代子あり夫婦(妻は専業主婦)のプラン例(夫側)】
年金月額サラリーマン:10万円~15万円
自営業:15万円~22万円
保険期間妻が65歳になるまでは欲しい
支払保証期間1年(出来るだけ短くする)
特約・リビング・ニーズ特約(最初から付いている)
・特定疾病保険料払込免除特約

なお、このプランにするにはネットからだと無理です。

ネットからの加入は特約が付けられず、さらに年金月額や保険期間も細かく調整できないためです。

Keepを検討する際は、対面の保険相談サービスなどを利用しましょう

補足
  • 夫の給料で生活費が賄えている場合は、基本的に妻に生命保険を掛ける必要性は低い。
  • 妻のパート代を合わせて家計が成り立っている場合は、妻側にも5万円~10万円程度の年金月額を掛けても良い。
  • 共働きで両方ともサラリーマンの場合は、収入保障保険は必要なし。

年金月額上乗特約は付けるべき?

受け取れる年金を期間限定で上乗せすることができるという特約です。

経済的に厳しくなることが予想される「子供の大学時代」の期間だけ年金月額を増やすことも可能です。

例)主契約は年金月額15万円、特約で+3万円にする場合

  • 夫に万が一があった場合に
  • 子供が高校卒業までは月々15万円を受け取れる
  • そして大学入学~卒業までは月々18万円を受け取れるようになる

このような受取金額にすることも可能な特約です。

この特約は付けるべきかどうか?

これは「子供が大学に行く予定なのかどうか」によって変わります。

もし子供に大学に行ってほしい場合、大学期間は高校までよりもお金がかかってしまう可能性が高いですので、+3万円~5万円くらいは付けておいても良いのかなと思います。

この辺は保険相談サービスを利用した際にFPに相談してみてください。他の収入保障保険にはない特約ですので、有効活用ができたらいいですよね。

ちなみにですが、私ならばこの特約は付けません。年金を受け取っているということは、大黒柱に万が一があったときということですよね。

それでも子供が大学に行きたいという場合は、少し厳しいようですが国立を目指してもらい、アルバイトをしてもらい、家計を助けるようにしてもらいましょう。その予定であればこの特約は付けなくても良いかと思います。

そもそも主契約の段階で生活するのに十分な金額にしているはずですので、足りない分は子供にも頑張ってもらうのが良いと思います。

特定疾病保険料払込免除特約は付けるべき?

悪性新生物、急性心筋梗塞、脳卒中で所定の条件を満たすと以後の保険料の払い込みが免除されるという特約です。

免除となる条件は以下の表の通りです。

所定の条件ってなに?
悪性新生物がんと診断されたとき。
ただし、上皮内新生物は除く。
急性心筋梗塞60日以上働けない状態が継続。
または手術を受けたとき。
脳卒中60日以上の後遺障害の継続。
または手術を受けたとき。

心臓病と脳疾患の適用範囲が狭く、60日の制限があるのはちょっと痛いです。

ただ、それでも特約の保険料は安いですし、割のいい特約には違いないので、私は付けておくことをお勧めします。

アクサダイレクト生命とどちらを選ぶべき?

Keepは不健康な方にはとても向いている収入保障保険ですが、アクサダイレクト生命の「収入保障2」も同じような内容で、しかもKeepよりも少しだけ安いという特徴を持っています。

そして収入保障保険は基本的に安ければ安いほど正義です。

【男性、年金月額10万円、65歳満了の保険料比較】
30歳で加入40歳で加入50歳で加入
オリックス生命
「Keep」
3,390円4,070円4,510円
アクサダイレクト生命
「収入保障2」
3,380円3,980円4,390円
【女性、年金月額10万円、65歳満了の保険料比較】
30歳で加入40歳で加入50歳で加入
オリックス生命
「Keep」
2,430円2,820円 - 
アクサダイレクト生命
「収入保障2」
2,400円2,800円2,830円
男性の口コミ
男性の口コミ
え、じゃあアクサダイレクトの方が良いんじゃないの?

と思ったアナタ、半分正解で半分不正解です。

というのも、アクサダイレクト生命だと保険期間を自由に設定することができず、5年ごと(60歳、65歳、70歳満了といった具合)でしか選ぶことができないのです。

これの何かダメなのかというと

例えば自分が今30歳、奥さんが28歳だとして

  • 希望)奥さんが65歳(夫は67歳)になるまで保障を継続していきたい
  • 現実)奥さんが68歳(夫が70歳)になるまで保障が継続されてしまう

という、融通の利かない契約になってしまうのです。

アクサダイレクトだと保険期間が5年ごとに区切られてしまっているため、妻が65歳になるまでの保障を希望する場合、この条件だと夫は70歳満了(妻が68歳)しか選べません。

これだと余計な保障期間が増え、逆に保険料が高くなってしまうのです。これは大きなデメリットと言えますね。(1年保障が伸びると月々の保険料が大体200円くらい上がる)

これについて、実はアクサダイレクト生命では対応することができません。ネットからの申し込み時はもちろんですが、取扱代理店である保険市場、保険ひろば、保険クリニックでも細かい保障内容での契約は受け付けていないからです。

で、ここで役立つのがオリックス生命。

オリックス生命の「Keep」もネットからだと細かい設定はできないのですが、保険代理店から申し込んだ場合は保険期間を細かく設定できるようになるという特徴があるからです。

オリックス生命はアクサダイレクト生命よりほんの少しだけ高い保険料(数十円くらい高いだけ)という設定になっているため、どちらを選んでもそこまで保険料は大きく変わりません。

そのうえで保険期間を自分の都合のいい期間に決められるなら、結果としてはオリックス生命の方を契約した方がお得になるケースの方が多くなるのです。

そのため、

  • 保険期間を55歳、60歳、65歳、70歳満了(夫の年齢)にしたいならアクサダイレクト生命を
  • 保険期間をそれ以外の細かい設定にしたいならオリックス生命を代理店経由で

申し込むというのがベストな方法となります。

もう一つ言ってしまうと、保険に詳しくない方は「年金月額をいくらにすればいいのか?」「保険期間は?支払保証期間って何?」という疑問を解決できず、ネットで申し込んだ結果、無駄に高い保障内容で契約をしてしまう可能性があります。

なので、保険初心者の方は最初からオリックス生命のKeepを代理店経由で申し込む方が間違いないのかなと思います。

オリックス生命の代理店を探す場合、保険見直しラボが一番お勧めですので、良ければご活用ください。他よりもメリット部分が多く、信頼できるFPが揃っている代理店です。私も利用しています。

相談後、納得できなければ無理に加入する必要は全くありませんし、しつこい連絡は一切ありません。そして熟成牛タンなどのプレゼントも貰えるのも嬉しいです。

保険見直しラボの予約はこちらから

【評価・まとめ】不健康な人にとっては一番お勧め!

オリックス生命の「Keep」は健康割引がないため、タバコを吸わず、血圧が低めで、なおかつBMI値が適正という「健康的な方」には全くお勧めはできません。

「タバコを吸う」と「血圧高め(または肥満 or 痩せすぎ)」のどちらかしか当てはまらない場合、または両方当てはまらない場合(健康的な方)はFWD収入保障の方が安くなりますので、そちらをチェックしてみてください。

ですが、タバコを吸い、血圧高め(または肥満 or 痩せすぎ)という方には一番安く加入できる収入保障保険となる可能性がありますので、該当の方はチェックしておくべき商品です。

ただし、基本的にはアクサダイレクト生命の「収入保障2」の方がわずかに保険料が安いため、保険期間を55歳、60歳、65歳、70歳(夫の年齢)の4つのパターンの中から選ぶ場合はアクサダイレクト生命にした方が安く済みます。

Keepを利用した方が良いのは、保険期間が55歳、60歳、65歳、70歳以外になる方です。

Keepは代理店経由だと1年単位で契約できるため、55歳、60歳、65歳、70歳以外の場合はアクサダイレクトよりも安くなってくれるからです。

例えば

  • 夫が加入する
  • 妻が65歳になったときまでを保険期間としたい
  • 年金月額10万円
  • 保険加入時は夫30歳、妻28歳

という場合、

  • アクサダイレクト生命の場合は70歳満了で月々4,310円
  • オリックス生命の場合は67歳満了で月々約3,470円

という結果になります。

この場合、1年単位で選べるオリックス生命の方が明らかに安くなります。

一方、例えば夫と妻が同い年だった場合は

  • アクサダイレクト生命だと65歳満了で月々3,250円
  • オリックス生命だと65歳満了で月々3,270円

となるため、アクサダイレクト生命の方が少し安くなります。収入保障保険は少しでも安い方が良いため、夫婦同い年の場合はアクサダイレクトの方を選択するのがベストとなります。

長くなりましたが、結論としては

保険期間を55歳、60歳、65歳、70歳(夫の年齢)にしたいならアクサダイレクト生命を
>> 収入保障2のお見積り・お申込みはこちら
>> アクサダイレクトを取り扱っている保険ショップ一覧

保険期間をそれ以外の細かい設定にしたいならオリックス生命を代理店経由で
>> 保険見直しラボがお勧め

このように選ぶのが良いかと思います。

ちなみに、今は健康条件を満たしてないけど「これから絶対禁煙したい!」「必ずダイエットを成功させる!」という決意がある方は、SOMPOひまわり生命の「じぶんと家族のお守り」に加入することをお勧めします。
加入後に健康になれば安い保険料率に変更してくれますし、今まで支払った保険料と健康割引適用後の保険料の差額を受け取ることもできますので。

また、保険見直しラボの利用後、紹介された商品が本当に良いものかどうか誰かに判断して欲しい・・という場合はこちらの記事もどうぞ。

【多数実績あり】保険相談のセカンドオピニオンを受けたい方へ【完全無料です】こんにちは。1級FP技能士、CFP®認定者のtakaです。 当ブログでは無料の保険相談で紹介された保険商品の「セカンドオピ...